大人の趣味発掘

初心者でも大丈夫!イケメンたちが集うプロレス団体「ドラゴンゲート」が楽しめる理由3つ

更新日:




こんにちは、しろまる(@akitashiromaru)です!

みなさん(特に女性)、「プロレス」って聞くと、どんなイメージですか?

  • なんか汗くさそう
  • 男性しか観ていなさそう
  • 流血・・・※流血は実際はほとんどありません!
  • ルールよくわかんない

・・・私自身が、数年前までこんなイメージでした。でも、これからお話しするプロレス団体の観戦を見に行ってから、ちょっと見る目が変わったんです。

 

新しい発見って、こんなところにもあるのか!と思いました。今回は、初心者大丈夫!プロレス団体「ドラゴンゲート」が楽しめる理由を3つに絞ってお伝えします。きっとちょっとだけ興味わくかもしれませんよ☆

※なお、ここでは自分で撮影したプロレスラーさんの写真を掲載しています。(動画はNGだが、静止画はOKといつもプロレスの際に言われているので)万が一関係者の方がこれをご覧になり、「これはやめてケロ」っていうのがございましたら、すぐにご連絡くださいませ>_<

スポンサーリンク

理由1:他のプロレス団体よりもファンの規制が少ない

プロレス自体を見に行ったことがない方は、「知らないよそんなの!」と思われるかもしれません(ごめんなさい)

私もドラゴンゲート以外は数団体ほどしか見たことがないのですが、明らかに他の団体よりもドラゴンゲートはファンとの接触が多いです。

具体的に言うと、このようなことがあります。

  • 会場に早めについたら、コンビニでレスラーさんが買い物してるときがある
  • 入場は人の間を通ってくるので、ハイタッチできちゃう
  • 場外乱闘がすごく多い(流血はありません)
  • プロレス観戦中、他のレスラーさんも後ろで見てる(ラブレター渡されてるのを見たことがある)
  • レスラーが簡単にご飯の場所をブログで発信してる(だから行くと会うこともある)

 

もう少しわかりやすくするためにご説明すると、みなさん「テレビに出るプロレスラーさん」を見たことはありませんか?

テレビに出るプロレスラーさんは、多くは「新日本プロレス」という団体に所属している人が多い(しろまる調べ)のですが、この団体はテレビに出るということもあるのでかなり人気がありすぎて、絶対にプロレス以外は表に出てきません。

 

「会いに行けるアイドル」というコンセプトで活躍しているAKB48がありますが、まさにドラゴンゲートは「会いに行けるプロレスラー」なのです。

そしてプロレスラーさん側もプロレスのとき以外は笑顔で対応してくれます。(そりゃプロレス中は戦ってますからね 汗)

 

 

理由2:心も体もイケメンになっていく!マスクマンも中身はイケメン

 

ドラゴンゲートというプロレス団体をオススメする理由は、イケメンプロレスラーが多いというのもあります。

「顔だけで選ぶんじゃない!」と思われるかもしれませんが、ここでいうイケメンは、顔だけではなく「ハート」もイケメンである、とお伝えしておきたいのです。

 

最初、キャラ設定が難しそうだった新人レスラーくんが、だんだん団体の顔になっていく

一つの例として、所属している「ビッグR(アール)清水」というプロレスラーさんを紹介します。

彼は最初、漫画「こち亀の両津勘吉」に似せたキャラクターとして、団体の中で「お笑い担当・・・?」みたいな立ち位置として出てきました。

勝手な想像ですが、お笑い担当みたいなキャラだと払拭するのも、活躍するのも色々大変なのでは・・・と思ってしまいます。しかし、彼は周りのプロレスラーのフォローもあって、どんどんイケメンになっていきます。

 

もちろん本人の努力があってのものと思いますが、だんだん熊さんみたいに体も大きくなり、その体格を活かしたプロレスラーとしての実力を発揮し初めています。

その一方、彼のブログでは好きな音楽やファンの方へのお礼などで溢れており、新人時代と変わらぬハートで頑張っています。

顔つきもイケメンになり、ハートもイケメンに成長しているレスラーさんなのです。

 

マスクマンを貫くプロレスラーさん。既にハートはイケメンですが、顔もめちゃくちゃイケメンらしい

もう一つの例として、小柄だけどアクションが華麗・ファンへの対応も王子様の「ドラゴン・キッド」というマスクマンのプロレスラーさんを紹介します。

小柄ゆえに最初はレフリーとしてやっていたのですが、夢をあきらめきれずにプロレスラーになったといいます。ヒップホップダンスをしながら登場し、体全体を使って華麗に飛び回るアクションがとてもカッコいいです。

ファンへの対応も素晴らしく、地方に行ったときはお世話になっている飲食店などに行き、訪れたファンの方と飲んでいるようです。ファンからしたらたまらないでしょうね。

また、マスクの中身はめちゃくちゃイケメンらしく、私が懇意にさせていただいている飲食店に来られたことがあるそうなんですが、中身のまま来られて、そりゃあもう・・・!というような感じだったようです(とにかくカッコいいということしかお伝えできず残念)

 

 

スポンサーリンク



理由3:プロレス界一マイクパフォーマンスが上手!そして説明上手

理由3つ目は、マイクパフォーマンスのクオリティの高さです。

マイクパフォーマンスとは、プロレスで想像するのは「相手をマイクで罵りあって、喧嘩に発展・・・。」という感じではないでしょうか。

ドラゴンゲートのマイクパフォーマンスでも、もちろんそういうパフォーマンスもあります。

しかし、他団体と違うところは、「プロレスラー同士の立場や立ち位置まで、さらりと説明してくれてる」ところにあるんです。

 

ドラゴンゲートプロレスでは「正義のプロレスラー=ベビーフェイス」という立場の人と、「悪のプロレスラー=ヒール」という立場の人が存在し、数名ずつのグループに分かれています。

・・・もうこの説明だけで、初めてだと難しいですよね 汗

そうなんです。私も、そこまで詳しく把握して見ているわけじゃないんです。

 

でも、ドラゴンゲートのマイクパフォーマンスを聞けば、「あ、〇〇と〇〇は敵対してるけど同期なんだね」とか、「へ~この人とこの人は一応同じグループなんだね」とかが、なんとな~くわかります。(態度や服装でも明らかに示してくれます)

演出のパフォーマンスが良いのでそこまで詳しくなくても場の雰囲気を楽しめる、ということが、ドラゴンゲートを楽しめるところかなと思います。

 

 

こんな効果も!?何故か自分がトレーニングしたくなる

楽しめる理由、というわけではありませんが、私はドラゴンゲートのプロレス観戦をした後、必ず思うことがあります。

しろまる
「よし、明日ジム行こう!」

 

プロレスラーさんはもちろん体を鍛えた人ばかりです。それを見ていると、何故か自分も「トレーニングしようかな・・・。」という気になってしまうのです。

ドラゴンゲートの団体自体、トレーニングをする人がとても多いと聞いたことがあります。ファンとも近い存在だからなのか、なぜか良い影響になりますね。

 

 

最後に

 

私は最初、プロレスなんて全く興味ありませんでした。

「パ、パンツで戦うの見て何が楽しいんだよ・・・←(キン肉マンの影響)」と思っていました。(本当に昔からのファンの方すみません)

 

でも、プロレス出ている人って、人知れず練習を重ねて、心も体も鍛えてスポットライトを目指しているんだな・・・とか思うと、とても応援したい気持ちになるし、観戦も楽しくなるなと思います。

全く興味ない方も、新しい趣味を発見するのに「ドラゴンゲートプロレス」の観戦、いかがですか?^^







  • この記事を書いた人
akitashiromaru_A7RKcJhZpnPE

あきた しろまる

20代前半までは教職を目指し中高の数学免許を取得するも、「もっと世の中知ってみたい」という気持ちから、世界一周の船旅へ。帰ってからは派遣社員しながらお金をためて、WEBの勉強をし、WEBデザイナーへ。20代後半からでもWEBデザイナーは目指せる!楽しい!ってことを伝えたい、という気持ちで記事を書いています。

おすすめ記事はこちら

WordPressプラグイン 「WP CSV Exporter」 1

前回、スプレッドシートを使った方法で、ブログが30記事を超えたところで、現状把握・改善点メモを行うと、リライトすべきポイントがわかってきた!というブログを書かせていただきましたが、記事の一覧を出力でき ...

-大人の趣味発掘

Copyright© しろまるカフェ , 2018 All Rights Reserved.