しろまるのこと

旦那さんに、笑顔で料理に挑戦してもらうには?女性も素直になってみよう!

投稿日:2017年9月16日 更新日:




こんにちは、しろまるです。プロフィールをまだ詳しく書けてないので突然ですが、もうすぐ同棲している相方さんと結婚をする予定です。

今回は、私が実践している相手に”料理に挑戦してもらう方法”を書いてみます。

家事なんて、男性には耳が痛い話だ・・・と思われる方もいるかもしれませんが、これから結婚する人がいる場合は、ぜひ円満の秘訣として女性の努力を見てやってください(笑)



 

そもそも、男性は「言われなきゃわからない」から、素直に伝えることが一番大事

「自分が作らなくても黙っていたら作ってくれるから、いいのかなと思ってた。」と旦那さんから言われたことがある人はいるんじゃないでしょうか。

 

そもそも男性は、私たちが「家事手伝ってオーラ」を出しただけでは、気づかないです。私たちだって、男性がどんなに外で辛い思いして仕事してるか、とか想像しかできませんしね。同じことです。

私は古風なのか、色々してあげたい!と思うほうですが、それでもやっぱり料理もしてもらいたいし、気づいた家事はお互いでフォローしあえるようになりたいです。

 

方法その1:一緒に作るようにお願いする

こちらは何となくご飯の時間を決めて、材料を出して準備を始めているのに、旦那さんはテレビの前から動かない・・・というときは、相手に悪気はないんです。

「しめしめテレビ見てやろう」と思っているわけじゃなくて、多分気づいてないんです。ご飯の時間が大体いつも同じ時間であることも、その前に準備がされていることも。

もしもそれで女性のあなたがイライラしてしまうのであれば、是非一緒に手伝ってもらうように素直にお願いしてみてください。

ちゃんとお願いされて、断る人はなかなかいないと思います。

 

 

私の場合は、

「ねーねー、今からお肉焼くからこのレタスときゅうり切って盛り付けておいて。したらちょうどアツアツ食べれるから。

具体的にしてもらいたいことや、してもらえればこうなるから!を伝えてお願いするようにしています。

そのとき、男性側に「してやってる感」を出させるような言い方をすると、またおかしな感じになるので、してもらったときは「ごめんね」は言わずに、「ありがとうね」を伝えるようにしています。

 

方法その2:旦那さんが作ってくれる日を二人で決める

これはタイトル通りですが、

  • 旦那さんが仕事の日=妻が料理を作る
  • 旦那さんがお仕事休みの日=旦那さんが料理を作る

と、分担してもいいかもしれません。

 

「そういうときだけだったら、他の日はしてくれないんじゃないかな?・・・」と思う女性もいるかもしれませんが、多分大丈夫です。できることが増えれば、多分「自分が料理を作らない日」でも、家事のことを気にしてくれるようになると思います。

旦那さんは、任されるとガゼンやってくれます。これを機に料理にハマる人だっています。

 

方法その3:料理はもう自分で全部したい!ということであれば、片付けをしてもらうなど、別のことを習慣化してもらう

料理は全部自分でしたい!台所に入ってほしくない!という人は(い、いるのかな・・・)代わりに片づけは旦那さんの担当にする、など他の仕事を習慣化してもらってはどうでしょう。

そうなると料理ができない旦那さんができあがったりするかもしれませんが・・・

 

でも、二人とも気づいたときはやっぱりフォローしあえるようになっていたい

しかしながら、女性は結婚してからも出産や子育てなど、ライフスタイルが大きく変わります。その過程で、男性にも必ず全ての家事をしてもらわなければいけないときがきます。そうなったとき、困るのは私たち女性だけではなく男性も、なんです。

そうならないためには、日ごろから男性も女性も同じことができるようにしておいたり、話し合いができるようにしていたいものです。

 

また、そもそもこういう家事のことを話し合える仲ではないカップルは、きっと結婚は考えたほうがいいのかも・・・。

 

 

女性は「男性をコントロール」するのではなく、自分も素直になりましょうね!という話

色々と「男性に動いてもらう方法」であるかのように書きましたが、結局のところ、私たち女性も素直になったほうがいいんです。

せっかく縁があって一緒になるんですから、お互いが笑顔で暮らせるように頑張っていきましょう!(私も頑張ります)

 

 

  • この記事を書いた人
akitashiromaru_A7RKcJhZpnPE

あきた しろまる

20代前半までは教職を目指し中高の数学免許を取得するも、「もっと世の中知ってみたい」という気持ちから、世界一周の船旅へ。帰ってからは派遣社員しながらお金をためて、WEBの勉強をし、WEBデザイナーへ。20代後半からでもWEBデザイナーは目指せる!楽しい!ってことを伝えたい、という気持ちで記事を書いています。

おすすめ記事はこちら

1

前回、スプレッドシートを使った方法で、ブログが30記事を超えたところで、現状把握・改善点メモを行うと、リライトすべきポイントがわかってきた!というブログを書かせていただきましたが、記事の一覧を出力でき ...

-しろまるのこと

Copyright© しろまるカフェ , 2018 All Rights Reserved.