WEBデザイナーの働き方

「物の売り方」を身につけたいなら、ネットショップを運営するWEBデザイナーに転職するのがオススメ!メリットとデメリットを解説

更新日:




「WEBデザイナー」と一言でいっても、働く環境下で色々な業務をすることがあります。

ですので、どんな仕事をしているの?とまとめてお伝えするのが難しいです。

 

今回は、私が以前働いたことのある「ネットショップを運営するWEBデザイナー」のお仕事紹介と、メリットとデメリットを解説します。

転職などの参考になれば嬉しいです!

それではどうぞ(*'ω'*)

POINT

  • 「物を売る感覚」が身につくのが最大のメリット
  • 知っておいてほしいカスタマーサービスの苦労
  • WEBデザインを貪欲に学びたい人には物足りなさもある

 

ネットショップの運営は、することがたくさん!

ネットショップの運営は、とにかくすることがたくさんあります。

 

WEBデザインの業務と言えば、私はこんなことをしていました。

WEBデザインだけの業務で絞ると、こんなことをしていました。

  • 季節のキャンペーンページ作成
  • 既存のページで不足分(例えば使い方の説明が足りない!など)の意見を社内で吸い上げ、ページに反映
  • 楽天サイトやYahooショッピング、Amazonなどへの商品掲載・ページ作成
  • 在庫のチェック(ネットショップ上の)
  • ネットショップのTwitter運営
  • 新しい商品の写真撮影
  • ときにはモデル・・・汗

一日のタイムスケジュールはどんな感じか?は、【ネットショップに勤める】WEBデザイナーの一日の勤務時間はどうなってるの?過去の私をご紹介!という記事でも知ることができます。

【ネットショップに勤める】WEBデザイナーの一日の勤務時間はどうなってるの?過去の私をご紹介!

  こんにちは、しろまる(@akitashiromaru)です。 「WEBデザイナー」と一言でいっても、今や色々なところで「WEBデザイナー」という仕事は成り立っています。 また、それによっ ...

 

WEBデザイン以外では、こんなことをしていました。

規模が小さいところなので、もちろんWEBデザイン以外のことも対応しました。

  • サイトへの質問があったお客様へのメール返信
  • 使い方などの質問があった場合の電話対応
  • (たまに)クレームの対応
  • 定期的な在庫チェック(社員全員での棚卸し)

 

余談ですが、もしも個人でネットショップをしたい!という方がいたら、自分でネットショップを開くという方法だってあります。



 

ネットショップを運営するWEBデザイナーになるメリット

最大のメリット:「物を売る感覚」が見につく

ネットショップを運営するということは、デザインだけではなく様々な業務があります。

デザインを作るだけではわからないことも、ネットショップでWEBデザイナーをすると、経験できることがあります。

 

例:ネットショップのキャンペーンページを作る場合でも・・・

ネットショップのキャンペーンページを作ることになったとします。

ただ、商品を並べて自分の好きなデザインをして・・・で、作ればいいわけではありません。

  • どの商品が売れているか?
  • どの商品を売りたいか?
  • どんなキャッチコピーがいいか?

などを、自分で考えて作ります。

 

そんな風に作ったページだから、やはりそのページから物が売れた!となると、やっぱりうれしいですよね。

そしてどんどん「どうやったら売れるのか」を考えるようになり、次第に「物を売る感覚」が身についてくるわけです。

 

知っておきたい「カスタマーサービス」の苦労

ネットショップのWEBデザイナーとなると、制作会社のWEBデザイナーよりも「お客さん(=ユーザー)の生の声」を聞くことが増えます。

どのネットショップも「カスタマーサービス」を担当する方がいると思いますが、その方々の苦労も知ることができるでしょう。

また、その苦労はむしろ知っておいたほうがいいです。

絶対に、ネットショップのWEBデザイナー以外になったときでも役立つはずです。

 



ネットショップを運営するWEBデザイナーのデメリット

最大のデメリット:WEBデザインのエキスパートを目指す人にとっては物足りない

当然のことながら、WEBデザインをどんどん作って、サイトをどんどん作って・・・というわけではありません。

ネットショップ内の物を売ることが、一番の目標だからです。

ネットショップを運営する上でのWEBデザインの知識は他のWEBデザイナーよりもつくかもしれません。

しかし、色々なものを作って、エキスパートになるんだ!なんて方には、少し物足りないかもしれません。

 

また、制作会社と違って少数精鋭のことが多いです。(ネットショップが小規模であればあるほど)

ですので、技術についての情報交換などは、どうしても会社以外に求めなければなりません。

 

 

ネットショップを運営するWEBデザイナー、最初の印象とご紹介をご覧になって印象は変わりましたでしょうか?

大事なのは、どの環境下のWEBデザイナーになっても、自らその分野のこともその分野以外のことも、身につけようと動くことだと思います(*'ω'*) それでは♪

 

▼こんな記事も読まれています

未経験からWEBデザイナーとして初めて転職する際に注意したい最低限のこと

WEBデザイナーという職業は、新卒で始める方から、転職で始める方まで今や人気の職業です。 求人情報は至るところに溢れていて、条件も様々。どう選んだらいいのか、迷うところもあるかと思います。 &nbsp ...







  • この記事を書いた人
akitashiromaru_A7RKcJhZpnPE

あきた しろまる

20代前半までは教職を目指し中高の数学免許を取得するも、「もっと世の中知ってみたい」という気持ちから、世界一周の船旅へ。帰ってからは派遣社員しながらお金をためて、WEBの勉強をし、WEBデザイナーへ。20代後半からでもWEBデザイナーは目指せる!楽しい!ってことを伝えたい、という気持ちで記事を書いています。

おすすめ記事はこちら

1

前回、スプレッドシートを使った方法で、ブログが30記事を超えたところで、現状把握・改善点メモを行うと、リライトすべきポイントがわかってきた!というブログを書かせていただきましたが、記事の一覧を出力でき ...

-WEBデザイナーの働き方

Copyright© しろまるカフェ , 2018 All Rights Reserved.