Photoshopを安く買う方法をご紹介! 詳細はこちら

Webデザイナーとイラストレータの違いは?転職するならどちらがおすすめ?

  • URLをコピーしました!

IT系の仕事に就こうと考えたときに、Webデザイナーやイラストレーターなど様々な職業があり、違いを知るのが難しいですよね・・・。

Webデザイナーとイラストレーターは似ている職業と思われがちですが、実は使っているソフトから就職先まで異なっているんです!(私も最初は知らなくて、Webデザイナー=絵を描く人だと思っていました 汗)

この記事ではWebデザイナーとイラストレーターの違いに加えて共通点、さらにそれぞれの業種に転向する場合に必要なスキルまでまとめてみました!転職を考える際に、どちらの職業に就こうか選ぶ参考になりますよ!

目次

どちらに転職するのか悩むのであれば、おすすめはWebデザイナー!

Webデザイナーとイラストレーターのどちらに転職するのが良いのか悩んでいるのであれば、私はWebデザイナーをおすすめしています。

ちなみに私はWebデザインをしながらイラストレーターとしても活動いるので、どちらの仕事にも従事していますが最初にスタートしたのはWebデザイナーです。

もちろんどちらに転職しても学ぶことは多いし、どちらでも後から転向することだって可能ですが、Webデザイナーに転職しておいたほうがWebデザインをしながらイラストレーターとしても活動しやすいからです。

イラストレーターからの転向を考えたときに、コーデイングがネックになるから

Webデザイナーからイラストレーターへの転向を考えるとき、HTMLやCSSなどの言語を習得する必要があります。

このコーディングを習得するには実際に自己学習や業務で書いて覚えるのが一番なのですが、その習得が大変なんです・・・。それが、私が先にWebデザイナーになっておいて良かったなと思える理由の一つです。

全体のデザインを把握するので、適切なイラストを考えることができるから

Webデザインをしていると、全体のサイトのデザインを作ることが多いので、そこに何のイラストがあったらユーザーにわかりやすいかな?ということを考えられるようになります。

なので、先にWebデザイナーをしていてデザインに慣れていたほうがそのデザインに必要なイラストを描くことができるため私はWebデザイナーを先にしていて良かったなと思っています。

Webデザイナーとイラストレーターの違いは?使うソフトから就職先まで!

ここからは、Webデザイナーとイラストレーターの違いについて詳しくご紹介していきます!

Webデザイナーとイラストレーターの使用するソフトや資格の違いは?

Webデザイナーは基本的にパソコンモニターに表示されるデザインを制作するのに対し、イラストレーターはそのモニターに表示されるイラストを始め、紙上のデザインやTシャツなどのプロダクトと呼ばれるものなど多岐にわたります。

もちろん手描きをされるイラストレーターの方もいますが、それを納品するときにデータ化する必要が多いためどちらの仕事についても専門のソフトの習得は必須となります。

Webデザイナーは基本的にPhotoshop>Dreamweaverなどのエディタソフト>Illustoratorが最低限使えれば仕事をすることができます。

イラストレーターはIllustorator>Photoshop(ほとんど画像加工のみ)という感じの使い方です。

Webデザイナーとイラストレーターは学ぶ学校も違う?

Webデザイナーになろうと思った場合、まずは使用するソフトの習得を目指します。そこで

  • Webデザイナースクールに通う
  • 独学でWebデザインを学ぶ

このどちらかを選択します。

イラストレーターの場合も専門のスクールに通う方法がありますが、必ずしもスクールに通わなくてもイラストレーターになることはできます。

これまでは美術系の大学などに通った人が進路の一つとしてイラストレーターになる・・・という方法でしたが、今では趣味が高じてイラストレーターになった人や、社会人からデザイン学校に行ってイラストレーターになる人など様々です。

Webデザイナーとイラストレーターそれぞれの就職先と年収などの待遇は?

厚生労働省が提供している職業情報提供サイトによると、Webデザイナーとイラストレーターの比較はこのようになっています。

職業名 Webデザイナー イラストレーター
就業者数193,830人(全国)37,820人(全国)
労働時間168時間167時間
賃金(年収)460.9万円509.1万円
年齢39.2歳39.8歳
出典:職業情報提供サイト(日本版O-NET)

(就業者数が全然違う!やはりイラストレーターはフリーランスが多いからでしょうか)

年収については、全国平均ですとイラストレーターのほうがWebデザイナーよりも賃金が高いようですが実際は住んでいるところによって違うようです。

関東などの都市圏であれば賃金は平均より高くなり、福岡などの地方で就職した場合はどちらも賃金は平均より低くなっています

また、就職先としてはWebデザイナーだと一般企業のWeb担当・広告代理店のWebデザイナー・制作会社・ネットショップのWeb担当などがあります。

イラストレーターの場合はゲーム会社などの専属イラストレーターとして就職するほか、フリーランスで活動する方も多いです。

Webデザイナーとイラストレーターの共通点はどんなところ?

Webデザイナー、イラストレーターどちらも在宅で業務を行うことが可能

Webデザイナーもイラストレーターも、基本的にパソコンと専門のソフトがあれば業務を行うことが可能です。

最近では会社に所属する場合も在宅可能なところが増えてきているので、おうち大好きな方は嬉しい職業ですね!

Webデザイナーもイラストレーターも本当は特別な資格は必要ない

Webデザイナーもイラストレーターも、それぞれ資格を取ることはできますが、その資格がないと就職できない!というものではありません。

Webデザイナーだと国家資格としてWebデザイン技能士というものもありますが、もちろんその技能士でない人もたくさんWebデザイナーとして従事しています。

イラストレーターがWebデザイナーになる場合に必要なスキルは?

Photoshopで全体のデザインを作成するスキル

イラストレーターがWebデザイナーになろうと思った場合、Photoshopを操作するスキルがより重要となってきます。

イラストは基本クリップスタジオやイラストレータのソフトで作成したり、Photoshopを使うにしても画像の加工が中心となっているからです。

WebデザイナーになるにはPhotoshopで全体のデザインを行う必要があります。(デザインカンプとも呼ばれる)

また、バナーなども基本的にPhotoshopで行うのでこのソフトを操作するスキルは必須となります。

HTML・CSSなどのコーディングスキル

Webデザイナーになるには、HTMLやCSSなどのコーディングスキルも必須となります。

HTMLやCSSはWebデザインを組み立てる上での一番イラストレーターと違うスキルです。

ウェブサイト制作においての一連の流れを把握するスキル

Webサイトの場合デザイン後にコーディングという作業が発生するのと、何かの広告デザインなどの場合はリリース日に合わせてアップするなどの締め切りが発生します。

Webデザイナーがイラストレーターになる場合に必要なスキルは?

CLIP STUDIOやllustratorを始めとした専門のソフトを操作するスキル

イラストレーターは手描きの人からデジタルで描く人まで様々ですが、納品のことを考えた場合デジタルのソフトを操作できたほうが便利です。

今は手描きに近い感覚で使える描画ソフトもありますし、無料からでも始めやすいですがCLIP STUDIOのようにブラシの質感まで表現できる有料のソフトもあります。

また、Webデザイナーだとアイコン作成などでIllustoratorを触ることはあると思いますが、より専門的に扱えるようにさらにIllustoratorのスキルをアップすると良いでしょう。

カラーモード・解像度や納品ファイルの違いを把握するスキル

Webデザイナーが主に使う色や解像度・単位とイラストレータが使う色や解像度・単位は全く違います。

Webデザイナー イラストレーター
主に使うカラーRGBやHSBYMCK
(RGBやHSBも納品先によって使う)
解像度72dpi350dpiや300dpi
(72dpiも納品先によって使う)
使用する単位ピクセルミリメートル
(ピクセルも納品先によって使う)

Webデザイナーは基本的にモニター向けのデザインを想定できますが、イラストレーターとして仕事をするのであれば「そのイラストがどういった使われ方をするのか」を前提に知っておいて制作する必要があります。

Webデザイナーとイラストレーターの違いまとめ

Webデザイナーとイラストレーターの違いについてここまでご紹介してきました。

長くIT業界で生きていくためにはWebデザイナーをしながらイラストレーターをするのが一番オススメかもしれません・・・!

今の時代は副業OKの会社も多いので、Webデザイナーとして転職しておき、副業としてイラストレーター登録するのもおすすめです^^

良かったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次