GIMP

【GIMPの使い方】画面の見方・ツール・オプション・ダイアログついてのご紹介

投稿日:

画面の見方・ツールについて このページだけで全部マスター!

GIMP(ギンプ)は無料のツールなのですが、どのツールがどんな役割を果たすのかわからず、そこでくじけてしまう人も多いです。

ここでは、GIMPを使い始める際に覚えておきたい画面の見方と各ツールやバーについて解説します。

 

GIMP画面の見方と各ツール・バーの説明

GIMP起動時の各場所の見方

GIMP起動時の各場所の見方

まずは、GIMPをインストール後に初めて起動したときの画面の見方を解説します。

一番上に横並びになっているものが「メニュー」、左側にあるのが「ツールボックス」、その下に並ぶのが「ツールオプション」、真ん中にある実際に作業をするところが「作業ウィンドウ」、右側にあるものを「ダイアログ」といいます。

次に、各場所の見方と内容について解説していきます。

 

GIMPのメニュー

GIMPのメニューの場所

ピンクの枠で囲まれたところがGIMPのメニュー

メニューでできること

メニューでできることは画像の新規作成から、環境設定、ツールの部分では行えない画像の加工などをすることができます。

 

メニューの内容と、詳細について

メニューには、左側から「ファイル」「編集」・・・と並んでいます。一つずつ説明していきます。

 

「ファイル」では何ができるか

ファイルで行えることは、そのファイルをどうするか?にまつわる操作が主になるところです。新しい画像の作成や別の画像を開いたり、最近開いたファイルを探すこともできます。

また、現在作業ウィンドウで作業している画像を印刷するのも、このメニューから行えます。

 

「編集」では何ができるか

編集では作業を元に戻したり、やり直したりすることや、コピーペースト、また塗りつぶしなどの操作が行えます。

作業履歴のとこでは、何回分かの作業履歴が保存されているので、そこまで戻ることもできます。

また、編集>設定をクリックすることにより、GIMP環境の設定を行うことができます

 

「選択」では何ができるか

ここでは選択したものに対しての変更などができます。

選択したものを反転したり、すべて選択したり、選択範囲の角を丸めるなんてこともできます。

 

「表示」では何ができるか

表示は作業ウィンドウの見栄えに関する操作を行えるところです。画面をズームにしたり、フルスクリーンにしたり、キャンバス周りの色を変えたりなどの操作を行えます。

また、開いている画像を反転したり、回転するのもこちらから行えます。

 

「画像」では何ができるか

画像ではレイヤーの複製や色のモードを変えたり、レイヤーを変形したりすることができます。

また、キャンバスサイズの変更もここから行えます。

 

「レイヤー」では何ができるか

レイヤーでは新しいレイヤーの追加や複製、レイヤーの前後を入れ替える操作などレイヤーの操作に関することが行えます

 

「色」では何ができるか

色では、作業ウィンドウにある画像のカラーバランスを変えたり、色の温度を変えるなど画像加工に関する操作が行えます

画像に関して加工を行いたい場合にはよく使われるメニューです。

 

「ツール」では何ができるか

ツールでは、後で説明するツールに関する操作が同じようにこちらのメニューからも行えます

選択ツールから矩形選択ツール楕円選択ツール、自由選択ツールというようにツールと同じアイコンが並んでいます。

 

「フィルター」では何ができるか

フィルターでは作業ウィンドウにある画像に対して、ぼかしや強調ノイズなど、ツールのところにはない加工を行うことができます

 

「ウィンドウ」では何ができるか

ウィンドウでは、ダイアログのタブ追加を行ったり、新しいツールを自分で作成することができます。

初期設定のまま慣れてしまえば、あまり使うことはないかもしれません。

 

「ヘルプ」では何ができるか

ヘルプでは、GIMP関連のウェブサイトへやユーザーのマニュアルがあります。

実際にはあまり使うことはないかもしれませんが、困ったときに開いてみてください。

 

ツールボックスの内容と説明

GIMPのツールボックスの場所

「ツールバー」は、実際に画像を加工したり、文字を入れたり切り抜いたり・・・と様々な機能が詰まっているところです。

GIMPの操作をする場合は、一番触る機会が多いと思います。

 

ツールボックスの詳細がわかる、ツールオプションの説明

GIMPのツールオプションの場所

ツールボックスは、ツールを選択した場合に、その選択したツールに対しての詳細な設定をすることができます

どんなツールを選択するかによって、詳細の部分は変わりますので毎回設定してみてください。

 

作業ウィンドウ

GIMPの作業ウィンドウの場所

ここは現在作業をしているウィンドウです。画像ウィンドウとも呼ばれます。

 

ダイアログ

GIMPのダイアログの場所

ダイアログはレイヤーチャンネル、パスなどのサブウィンドウを表示しています。

例えばレイヤーでは今どの画像を編集しているのか表示してくれています。

また、メニューのウィンドウからダイアログの追加も行えます。

 

GIMPでの画面の見方まとめ

GIMPの画面の見方をまとめました!

GIMPでの画面の見方まとめ

  • GIMPにはメニュー、ツールボックス、ツールオプション、作業(画像)ウィンドウ、ダイアログという画面がある
  • メニューでは画像の新規作成や環境設定など、基本的な操作が行える
  • ツールボックスでは、実際の画像の加工に関する操作が行える
  • ツールオプションでは、選んでいるツールによって詳細な設定が行える
  • 作業ウィンドウでは、自分が加工している画像を確認できる
  • ダイアログでは自分が選択しているレイヤーなど、作業に関するサブウィンドウを表示してくれている

最初になんとなく見方を知っておいた上で操作すると、すぐに慣れると思います。ぜひ使いこなしてみてくださいね。








  • この記事を書いた人
akitashiromaru_A7RKcJhZpnPE

あきた しろまる

20代前半までは教職を目指し中高の数学免許を取得するも、「もっと世の中知ってみたい」という気持ちから、世界一周の船旅へ。帰ってからは派遣社員しながらお金をためて、WEBの勉強をし、WEBデザイナーへ。20代後半からでもWEBデザイナーは目指せる!楽しい!ってことを伝えたい、という気持ちで記事を書いています。

おすすめ記事はこちら

WordPressプラグイン 「WP CSV Exporter」 1

前回、スプレッドシートを使った方法で、ブログが30記事を超えたところで、現状把握・改善点メモを行うと、リライトすべきポイントがわかってきた!というブログを書かせていただきましたが、記事の一覧を出力でき ...

-GIMP
-,

Copyright© しろまるカフェ , 2019 All Rights Reserved.