Webデザイナーとして在宅で仕事をするのは難しいのか?初心者からでも始められる方法をご紹介!

新しい働き方が求められている中、在宅で働ける仕事としてWebデザイナーは今注目を集めています。でも、Webデザイナーはそれなりの専門的なスキルが必要です。

私はもともとWebデザイナーをしていたので、どうやって在宅で仕事をするようにしたらいいか考えることができました。

しかし、未経験から始めたい!という人にとっては何から始めたらいいのかわからないと思います。

実際に私が今全くの未経験であれば、どうやって家で働けるの?という疑問しか思い浮かばずあきらめそうです・・・。

今回はWebデザイナーとして実際に在宅で働いている私が全くの未経験からWebデザイナーとして在宅するならどうするか?という想定で方法をまとめてみました。

目次

Webデザイナーとして在宅で仕事するのは、金額にこだわらなければ難しくない

結論から言うと、Webデザイナーとして在宅で仕事をするのは難しいことではありません。しかし、それは金額にこだわらなければ!・・・の話です。

ちょっとしたお小遣い稼ぎ(1~2万円)位の稼ぎでよいのであれば、しっかりとWebデザインの知識を網羅していなくても稼ぐことができます。広い定義で言う「Webデザイン」の中の得意なところだけ伸ばせばいいからです。

でも、Webデザイナーをしっかり仕事として在宅でやっていきたいのであれば専門分野を勉強し、自分で営業して仕事をとってきて・・・とやっていく必要があります。当然スケジュールの管理やお金の管理も必要です。

大変ではありますが、とてもやりがいを感じられる仕事でもあるので未経験からでも始めたい!という人にはぜひ頑張ってほしいです。

そもそもWebデザイナーとはどんな仕事?

そもそもWebデザイナーとは、依頼があったお客さんのWebサイトを制作する人のことを指します。

実際の仕事内容としては、こんなものがあります。(実際に私が経験した業務を挙げています)

  • 既存サイト(もとからあるWebサイト)の更新作業
  • バナー制作
  • Webサイトの制作
  • LP(ランディングページ)の制作
  • 各種コーディング作業(HTML、CSS)
  • ネットショップ立ち上げ、またはその支援
  • 無料サイト作成ツールの指南またはその支援
  • WordPressなどのCMSによるサイトの立ち上げ
  • 依頼されたサイトの運営(売上・問い合わせ向上施策)
  • (あまりない例)商品写真撮影
  • (あまりない例)商品のキャッチコピー作成
  • (あまりない例)アプリの基礎デザイン
  • (あまりない例)イラストを含めてWebサイトのデザイン

全てをできなければWebデザイナーになれないというわけではありません。

どれか一つだけを特化してWebデザイナーとして食べている人もいます。(例としてバナー制作だけで月に30万稼ぐような人もいます。)

世の中の情勢もあってネットを使う・アプリを使うという頻度は老若男女問わず増加してきています。

どれか一つだけ秀でているだけでも十分にWebデザイナーとしてやっていく人も増えてくるのではと思っています。

在宅で働くWebデザイナーは増えている

これまでのWebデザイナーはパソコン一つあれば仕事ができるとは言え、打ち合わせや社内確認の必要性もあり出勤して働くWebデザイナーが主でした。

しかしご存じの通り、テレワークという働き方が定着してきてツールやサービスでコミュニケーションの部分が補えるのであればテレワークに移行しよう!という会社も増えてきてるんです!

実際に私の周りにも、2020年位は試験的なテレワークだったものがもう現在ではオフィスを手放し、テレワークのみになったところもあるほど。

もともと出勤して会社に勤めていたWebデザイナーが在宅になったり、世間的に副業OKとなったりとWebデザイナーが活躍する場は増えています。

だからこそ、未経験からでも自分のできるスキルを伸ばして在宅で稼ぐことはできるのではないかと思います。

未経験からWebデザイナーを在宅で始めるためのステップ

ここからは、在宅でWebデザインを始めるためにはまずどんなステップを踏んでいなければならないのかを説明します。

WebデザインができるためのPC・ソフトをそろえる

まずはWebデザインができるための環境を整えます。

と言ってもここでPCやデザインのためのソフトを購入する初期投資が必要となってくるので、初心者の人にとってはここが最初のハードルかなぁ・・・と感じるところです。

だって、まだWebデザインで稼げるかどうか分からないのに、いきなりPC代やソフトの購入はお財布にきついですもんね・・・。

でも、パソコンはWebデザインをする・しないに関わらず今やどんな人でも持っているようなツールですし(Webデザインでなくてもインターネットでの調べものとか簡単な書類作成とか)、あると本当に便利です。

問題はWebデザインをするためのソフトですが、これもそこまで高くはありません。

例えばPhotoshopのフォトプランでしたら月額1,078 円/月(税込)から始めることができます!(フォトプランだけでも使えるソフトはPhotoshopとLightroom)

また、それ以前に全部のソフトのプランは一定期間無料でお試しをすることができます。少し触ってみてからどうするか決めてもいいと思いますよ!

※バナーは980円(税別)となっていますが、リンク先は1,078円/月(税込)となっていますのでお間違えないようにしてください^^

本当にWebデザインのみでしたら私もPhotoshopだけで完結することがほとんどですし、試して慣れてみてからでもいいかもですね。

基本的にはWebスクールで技術習得・個人でやるなら独学でもギリOK

さて、Webデザインができる環境がそろったら、次はどうやって技術を習得するのか?ということを考えますよね。

よくSNSなどで活動されている人の中には独学でやっている人を見かけますが、私は基本的にはWebスクールで一通り技術を習得してから活動をされるのをおすすめします。

というのも、独学で技術を習得する場合、偏ったスキルだけしか身につかない可能性があるからです。

例えばPhotoshopを独学で勉強して、ものすごく写真加工が上手くなったとします。

でも、実際の仕事では、Photoshopを使って写真加工だけではなくサイト制作を行うんですよね。

どんな風にしてサイト制作を行うのか、バナーはどんな風に作っているのか、そもそもどんなパーツがあれば制作に入れるのか・・・。

こんなことがWebスクールであればちゃんと教えてもらえますし、スキル習得の取りこぼしがないと思うんです。

逆に、独学でもいいかな・・・?と思うのは、Webデザインというよりは自分の今描けるイラストだけで個人で仕事としてやっていきたい!という場合ですかね。

そういう場合だと、特にスクールに行く必要はないと思います。

自分をアピールするためのポートフォリオサイトを作成する

Webスクールで技術習得をする場合も、独学でスキルを習得する場合も、どちらも絶対必須なのはポートフォリオサイトの作成です。

Webデザイナーが会社の面接をする際には履歴書・職務経歴書とセットでポートフォリオがほとんどの場合必須です。

また、フリーランスで仕事をする場合だと、履歴書や職務経歴書がない代わりにお客さんはポートフォリオサイトを見て仕事を依頼してくる場合もありますので、作成必須ですよ!

求人サイトに登録して就活、もしくはフリーランスで活動開始

準備ができたら求人サイトに登録して在宅Webデザイナーの求人を探します。

もしくは、フリーランス(本業がある場合は副業から)で活動を開始するというのも一つの手でしょう。

初心者におすすめ!在宅でWebデザインをするために登録しておいたほうが良いサイト

ここからは、在宅でWebデザインをするために登録しておいたほうが良いサイトをご紹介します。

仕事をもらうためでもそうですし、どんなスキルが仕事になるのかわかりません。おすすめのサイトをまとめましたのでぜひ挑戦してみてくださいね。

ココナラ(coconala)

こちらはCMでもおなじみのココナラ。全くの未経験から挑戦するのであれば、ココナラに登録してみるといいでしょう。

私がおすすめする理由としては、まだ自分の技術に自信がない場合に気負わずに制作を受けられること。

と言っても適当にできる、と言う意味ではありません。イラストだけ、バナーだけなど自分で受注範囲を決められるからなんですね。(自分だけの1スキルのお店を持つというイメージ)

自分で受注範囲を決められるので、自分ができるようになった部分だけ受けることができます。自分のスキル向上にもつながるし自信もつきます。

しかしデメリットとして、たくさんのWebデザイナーが受注している場なのでココナラのデザイン系は基本的に一般に考えられる相場よりもかなり単価が安いということです。

ですので、本気でココナラだけで稼ごうと思うのであれば、徐々に単価を上げたり自分のメニュー内容を増やしたりするなど色んな対策を練らなければけっこう難しいということです。

それでも最初はどうしても数をこなして制作に慣れることが大事。登録も無料ですので、ぜひ登録して自分のページを用意してみましょう!

\無料登録はこちらから/

ママワークス(ママでWebデザイナーを目指す方に!)

この記事を見てくださっている方の中には、未経験からWebデザイナーを目指すママさんたちもいらっしゃると思います。

そんなママたちにぜひおすすめなのが、ママワークスというサイト。

このサイトの良いところは、プロフィールに家庭状況を書き込めるというところ。

自分の今あるスキルはもちろん、子育ての状況も事前に掲載しておいた上でスカウトメールがくるのであれば、ちょっと安心しませんか?^^

ママワークスは仕事の紹介だけでなく、プロジェクト単位の参加もあるので未経験からもできるお仕事がある+子育ての合間に始められるというのがめちゃくちゃメリットあると思います!

在宅でWebデザインをするために気を付けるポイント

在宅でWebデザイナーをするには、会社に所属する場合でも自己管理やメリハリがとても大事になってきます。

家と変わらない環境だと、どうしても誘惑に負けちゃう人もいますからね・・・。

会社のWebデザイナーとして所属する場合(でも勤務地は在宅)と、フリーランスのWebデザイナーとして活動する場合とでどんなことに気を付けたら良いのかをまとめてみました。

会社のWebデザイナーとして所属する場合

会社のWebデザイナーとして所属して仕事を行う場合は、当然ながら会社員なので会社の業務に従事します。

しかしながら、在宅だと同じ場所で仕事をしているわけではないので頻繁にコミュニケーションをとらないと自分が何をしているのか知ってもらえないし、周りを把握することができません。

他の社員とコミュニケーションをどうとれるか?が仕事のしやすさにもつながるので、積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

自身のスケジュール管理と、会社への報告を

まずは、自分自身のスケジュール管理をし、ずれた際の報告がきちんとできるようにしましょう。

思ったより仕事がはかどらなかった…とか、制作でわからないことがあったりしても、在宅だと他の社員の人には気づかれません。

在宅を取り入れている会社では、そもそもそういうことが起こらないように対策を練っているはずではありますが、なかなか実施できてないところも多いはず。

実施されている朝礼やミーティング以外にもこまめに自分の状況を伝えるくせをつけましょう。

「すべき事」以外に、社内コミュニケーションがとれる発信を

在宅を取り入れている会社では、在宅ならではの対応がなされているはずです。と先ほど書きましたが、会社で決められている「すべき事」以外にも発信し、コミュニケーションをとるようにしましょう。

例えば自分が制作時に参考になったサイトをみんなにも紹介したり、新しく知り得た技術を紹介する勉強会を開いたり。

在宅で仕事をしていても、社員同士でコミュニケーションがとれる方法はいくらでもあります。

また、誰かが動けばそういう動きはきっと誰かにも響くし、社内全体のコミュニケーションが活発になるきっかけになるでしょう。

在宅でフリーランスのWebデザイナーをする場合

在宅でフリーランスのWebデザイナーをする場合に気を付けた方が良いことは、とにかく仕事をする時間とプライベートをしっかり分けることです。

私はフリーランスとしてWebデザイナーとして活動をしたことが何回かあるのですが、いずれもこのメリハリをつけることができずに失敗した経験があります>_<

当時はとにかく仕事が欲しかったので、どんな仕事でも受けるようにしていましたがそのせいで1日中、リラックスする暇もないほど仕事をするハメになってしまいました。

また、1日中仕事をするので、おそらく時給換算すると数百円ほどに・・・。

これではフリーランスとしてやっていけるわけないですよね。最終的には転職しました 涙。

そんな私の経験もふまえて、これは絶対しておいたほうがいいよ!ということが3つあります。

自分の受ける仕事を時給で考えたときの最低金額を決めておく

例えば、受注する内容によっては単純な業務の場合もあると思うんですよね。

そういった場合に大事なのは、どのくらいの時間をかけて対応するものなのか自分で想定できること。

朝から夜まで何日間かけたらできるかな~みたいなイメージだと、時給換算した場合にめちゃくちゃ低時給で働いてることになるし、体にも良くないです。

例えば自分の時給を2,000円、という風に決めておいて、仕事の内容がどのくらいの時間をかければ対応できるのか?という考え方で金額交渉したり、受注する・しないの判断材料にすると良いと思います。

自分が受注する仕事をあらかじめメニュー化しておく(オススメ)

在宅でフリーランスのWebデザイナーをする場合、どうしても仕事を取らなければ!という気持ちが強くなりすぎて、自身の許容量以上の仕事を取ってプライベートの時間がゼロ・・・なんてこともあります。(私そうです)

また、自分の許容量以上の仕事を取ってしまうと、最終的に納品が遅くなってしまったり自分のスキルでは解決できない仕事をとってしまうことも・・・。

そうならないために、私もやっているのが自分が受注する仕事をあらかじめメニュー化しておくことです!

もちろん仕事が増えてくると、お客さんごとのお見積りになってはきます。でも自分の中でメニューがあったほうが受注する・しないという判断を行う際に基準となりますよ。

フリーランスで仕事を行う場合のメニュー例

  • バナー制作(1点〇〇〇〇円、リサイズは〇〇〇〇円~)※画像素材は別途購入もしくはフリー素材
  • Webサイト制作(トップページデザイン〇〇〇〇〇円、下層ページデザイン〇〇〇〇〇円、コーディング〇〇〇〇〇円)※静的ページ〇ページまでの場合。動的ページは別途ご相談。また修正は〇回までとします。
  • 既存のWebサイト更新(内容をうかがって対応時間により計算します。1時間〇〇〇〇円~)※内容によってご相談

別にメニューとまではいかなくとも、自分が現時点でどんな仕事なら受けて、どんな仕事なら遠慮するのかというのをリスト化しておくイメージです。

さらに、自分が一部だけ受けて一部は他のパートナーさんに頼むあてがある人は、それについても一緒に書いてまとめておくといいですよ。(こちらは間違っても自分のポートフォリオに公開したりしないようにしてくださいね。)

ポートフォリオのサイトは常に新しく

在宅フリーランスとしてWebデザイナーをする場合は、ポートフォリオにあるお問合せは大事な受注ツールとなります。

そのお問い合せから受注を増やせるように、ポートフォリオのサイトは常に新しい状態にしておきましょう。

そんなに頻繁に見せられる案件を受けてないよ!という人は、自分でも制作物を作ってみたり、知り合いのサイトを作らせてもらうなどして制作物を増やせるといいですね。

Webデザイナーとして在宅で仕事をするためのまとめ

Webデザイナーとして在宅で仕事をするには、それなりの準備や勉強・自分自身の管理が必要です。

しかし、金額にこだわらなければ始めること自体は難しくありません。

もしも副業から始める人は、少しずつから始めて徐々に業務範囲を広げて、Webデザイナーとして在宅で転職するかフリーランスで活動するかしたほうがスムーズかもしれませんね。

自分に無理のない範囲でどうやってなるかを考えてみましょう!

良かったらシェアお願いします!

ウェブカフェ!を書いているのはこんな人

大学在学中に教職を目指し中高の数学免許を取得するも、「もっと世の中を知ってみたい」という気持ちから、いったん世界一周の船旅へ。帰国後20代後半でWebの勉強を始めWebデザイナーへ。アラサーからのWebデザイナーの勉強方法や業界のことについて紹介し、Webデザイナーになりたい人を応援しています。

目次
閉じる